Kutrat kotret
06.39 Posted by Agaga Dewangga No comments Posted in ,
Posted by Agaga Dewangga on 06.39 with No comments | Categories: ,
竹の節を利用して作られた楽器は、西ジャワ(スンダ)の生活には欠かせません。竹の楽器の音は、特に農村部では人々の生活の中に深く根付いています。

CELEMPUNG チュルンプン
チュルンプンは竹から出来ていて、長さは竹の一節程度、弦も竹から出来ています。他の竹の楽器KARINDING(カリンディン)やTOLEAT(トレア ト)と演奏する事によって人々に注目されました。一般的な楽器と比べると変わった音で、非常にまれな楽器です。

KARINDING カリンディン
カリンディン(スンダの口琴)はスンダの伝統的な楽器で、アレン椰子(砂糖椰子)の木の主脈や竹から出来ています。古代からあるこの楽器は、一説によると KACAPI(カチャピ:日本の琴のような楽器)が生まれる以前から使われていたと言われています。昔は、静けさを紛らわせたり、田畑の害虫を追い払う道具として使われていました。

これらの楽器は絶滅危惧楽器といえます。

0 comments:

Blogroll

About